代表挨拶

グローバル・ファーマ・システム株式会社は1997年の設立より、主に臨床開発におけるコンサルティング、監査やCTD等の実務を受託するとともに、臨床開発業務を支援するために、数々のシステムの自社開発を推進してまいりました。

近年、医療倫理の重要性や、国際的な競争力の向上の必要性がより一層高まる中、法令やガイドラインの整備、医療業界の社内通念の変化に対して、医療及び臨床の現場では常に適切な対応と、透明性の高い活動が求められております。

当社は、医療業界においてより細分化される顧客ニーズや、今後も高まるIT化の流れに対して、長年培ってまいりました薬事の知識と経験を活かし、現場とITをつなぐ架け橋となります。

代表取締役 藪内崇文